ダイワより「アユイングネットV30」が発売!

  • URLをコピーしました!

ルアータックルで手軽に楽しめる鮎のルアーフィッシング「アユイング」を展開しているダイワから、専用ネット「アユイングネットV30」が発売されました。

鮎の友釣り用品を販売しているダイワならではの、使いやすいネットになっています。

では、詳しくみていきましょう。

目次

ダイワ「アユイングネットV30」

アユイングネットV30の画像

ダイワから発売された「アユイングネットV30」は、アユルアーフィッシング専用に設計されているネットです。

鮎の友釣りでは「タモ」と呼びますが、高品質なタモを販売しているダイワらしいネットになっています。

イカリ針トラブルが少ないネット素材

出典:DAIWA

アユイングネットは、編み目の細かいネットを採用しています。

アユイングでは寄せてきた鮎をルアーと一緒にネットでキャッチしますが、編み目の粗いネットだとイカリが絡んでトラブルになる場合も。

また、仕付け糸がないフラットフレーム構造でもトラブルレスを実現しているなど、アユイングネットなら快適に釣りを楽しめます。

キャッチしやすい丸型フレーム

アユイングネットは、どんな体勢でもキャッチしやすい丸型フレームを採用しています。

川に立ち込むアユルアーフィッシングでは、足元が不安定でキャッチをミスする場合も。

アユイングネットが丸型フレームなので、どの方向からルアーと掛かり鮎が飛んできてもキャッチしやすく設計されています。

30cm枠径でしっかりキャッチできる

アユイングネットV30の画像

アユイングでは掛かった鮎をルアーと一緒に飛ばしてキャッチします。

あまり小さいネットだと、キャッチミスした際にラインが切れたり、ルアーが破損したりする恐れがあり注意が必要です。

アユイングネットの網の直径は30cm。

十分な大きさでキャッチミスを防げます。

グリップ長28㎝の天然木先鋭グリップを採用

アユイングネットは、グリップが28cmと長いのが特徴です。

川に立ち込むアユルアーフィッシングでは、腰に装着した鮎ベルトにグリップを差してネットを携帯します。

アユイングネットは鮎ベルトに差すのを想定したグリップ長。

先が尖っているデザインで、鮎ベルトへの差しやすさにも工夫しています。

尻手ロープ取り付け穴を搭載

アユイングネットV30の柄部分の尻手ロープ穴

川の流れに立ち込むアユルアーフィッシングでは、モノを落とすと下流に流されてしまいます。

アユイングネットには、尻手ロープを取り付ける穴を設けており、鮎ベルトのリングに装着可能。

万一ネットを落としても、流れされる心配がありません。

ダイワ「アユイングネットV30」のスペック

  • サイズ:直径30cm
  • カラー:ブラック
  • 価格:10,200円

アユイングネットで快適な釣りを!

鮎釣りに精通しているダイワならでは工夫をこらしているアユイングネット。

友釣りのタモよりも価格を抑えており、買い求めやすいのも魅力です。

手持ちの網があれば使いたくなるかもですが、快適にアユルアーフィッシングを楽しむなら専用ネットがおすすめ。

アユルアーフィッシング専用のアユイングネットで、トラブルレスの鮎釣りを楽しみましょう。

アユイングネットV30の販売会社情報

社名グローブライド株式会社
事業内容釣用品、ゴルフ用品、テニス用品、サイクルスポーツ用品等の製造・販売
本社住所東京都東久留米市前沢3丁目14番16号
ホームページhttps://www.daiwa.com/jp/
  • 鮎のルアーフィッシングは、川を管理する漁協組合によって禁止されている場合があります。
  • 可能な川であっても、エリアや遊漁期間などが設けられている場合があります。
  • ハリスの長さや針の数など、遊漁規則を確認して守りましょう。
  • 必ず遊漁券を購入してから川に入りましょう。
  • 友釣りを楽しんでいる方や他の釣り人とのトラブルを防ぐべく、必要以上にロングキャストしたり、近づきすぎたりしないように注意するなどマナーを守りましょう。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次