がまかつからアユルアーロッド「ラグゼ 舞香」が新発売!

  • URLをコピーしました!

がまかつから、アユルアーフィッシング専用のルアーロッド「ラグゼ 舞香」が新発売されました。

がまかつといえば、「がま鮎」ブランドで古くから鮎釣り道具を展開しているメーカーです。

友釣りを知り尽くしているメーカーが手掛けたアユルアーロッド。

どのような特徴があるのか、詳しく見ていきましょう。

目次

がまかつ「ラグゼ 舞香」が新発売!3つのおすすめポイント

出典:がまかつ

がまかつのルアーブランド「LUXXE(ラグゼ)」より、アユルアーフィッシング専用ロッド「ラグゼ 舞香」が発売されました。

鮎釣り特有の返しのない掛け針による、身切れを最小限に抑えているのが特徴。

「舞香」のネーミングは、鮎が美しい清流を優雅に泳ぐ情景をイメージして名付けられています。

LUXXEが長年培った技術により、バレにくさを追求しながらも優れた操作性と感度を実現した専用ロッドの登場です。

アユルアーフィッシング専用にこだわって開発

出典:がまかつ

ラグゼ 舞香は、アユルアーフィッシングに適した専用設計のソリッドティップに、柔軟なロッドアクションを組み合わせています。

バレ多発を防ぐべく、適度なテンションでバラシを軽減できる調子に仕上げています。

ルアーを水中で安定させて野鮎を誘えるのもポイント。

追ってきた野鮎をしっかり掛けて、身切れを防ぎながら取り込めるアユルアーロッドです。

軽快な釣りをサポートする操作性

出典:がまかつ

ラグゼ 舞香は、軽快に釣りを楽しめるようにチューニングしているアユルアーフィッシング専用ロッド。

複雑な流れのスジのピンポイントにルアーを打ち込めるキャスタビリティと、野鮎の縄張りで効果的なアクションを繰り出せる軽快な操作性を実現しています。

日本の伝統文様をモチーフにしたロッドデザイン

出典:がまかつ

ラグゼ 舞香は、日本の伝統文様のひとつ「流水文(りゅうすいもん)」をモチーフにデザインしています。

日本人が古くから大切にしてきた美的観念である「粋」をテーマに、清流の弛(たゆ)みなき流れに鮎が軽やかに舞う様子を表現。

太陽光を浴びると澄んだ川のような清涼感を生み出す、差し色のクリアブルーを採用しています。

アユルアーロッドについてもっと知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

あわせて読みたい
アユルアーロッドのおすすめ19選!選び方5つのポイント アユルアーフィッシングがますます盛り上がってきているなか、各メーカーから専用ロッドも続々登場しています。 とはいえ、これからアユルアーフィッシングをはじめるの...

がまかつ「ラグゼ 舞香」のラインナップ

出典:がまかつ
型名全長自重仕舞寸法パワー継数ルアーウエイト適正PEライン適正ナイロンライン価格
S810ML-solid8.10フィート110g139cmML2本5~18g0.4~0.8号3~10lb33,000円
S96M-solid9.6フィート110g150cmM2本7~21g0.4~0.8号3~10lb33,000円

がまかつ「ラグゼ 舞香」は、現時点で以下2タイプをラインナップしています。

いずれもスピニングロッドです。

S810ML-solid

8フィート10インチの絶妙な長さで設計しているモデルです。

操作性が求められる小~中規模河川がメインの方に適しています。

S96M-solid

9.6フィートで中~大規模河川での使用におすすめです。

【まとめ】がまかつ「ラグゼ 舞香」でアユルアーフィッシングを楽しもう

アユルアーフィッシング専用に設計されている「ラグゼ 舞香」。

「身切れを最小限に抑える設計」という発想は、友釣りを知り尽くしているメーカーならではないでしょうか。

気になる方は、最寄りの釣具店や各ECサイトをチェックしてみてください。

ラグゼ 舞香の販売会社情報

社名GAMAKATSU PTE LTD
事業内容釣具関連商品の販売及び企業投資
本社(日本)住所大阪府大阪市北区堂島2丁目4番27号JRE堂島タワー3階
ホームページhttps://www.gamakatsu.co.jp/
  • 鮎のルアーフィッシングは、川を管理する漁協組合によって禁止されている場合があります。
  • 可能な川であっても、エリアや遊漁期間などが設けられている場合があります。
  • ハリスの長さや針の数など、遊漁規則を確認して守りましょう。
  • 必ず遊漁券を購入してから川に入りましょう。
  • 友釣りを楽しんでいる方や他の釣り人とのトラブルを防ぐべく、必要以上にロングキャストしたり、近づきすぎたりしないように注意するなどマナーを守りましょう。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次