ima初のアユ釣り専用ルアー「誉(ほまれ)100F・MD100F」が新発売

  • URLをコピーしました!

ルアーブランド「ima」より、アユ釣り専用ルアー「誉(ほまれ)100F」と「誉(ほまれ)MD100F」が発売されました。

ハイフロートで流れに強く、野鮎にナチュラルにアピールするアユルアーとのこと。

今回実際に入手したので、詳しく紹介していきましょう。

目次

ima「誉(ほまれ)」とは

ima「誉(ほまれ)」
誉 MD100F

imaの「誉(ほまれ)100F」と「誉(ほまれ)MD100F」は、アユ釣り専用のルアーです。

高い浮力設定とタイトなロールアクションが特徴。

ima「誉(ほまれ)」
誉 MD100F

野鮎の縄張りでステイさせる基本的な釣りはもちろん、キャスト&リトリーブにも対応すると謳っています。

潜行深度の異なる「誉(ほまれ)100F」と「誉(ほまれ)MD100F」をラインナップ。

ima「誉(ほまれ)」
誉 MD100F

100Fは水深50cmまでの浅場、MD100Fは100cmまでと、ポイントの水深や流れの強さに合わせて選択できます。

高いバランス性能で強い流れ対応

誉(ほまれ)は、スイム時の高いバランス性能を備えています。

荒れた瀬や岩に当たった際も水面から飛び出しにくく、野鮎にしっかりとコンタクト可能です。

本物の鮎のようなナチュラルアクション

誉(ほまれ)は、鮎の動きを再現したタイトで控えめなロールアクションが特徴です。

ヒラを打つと、まるで本物の鮎のようなナチュラルアクションで野鮎にアピール。

鮎がコケをはむ捕食行動を再現しており、川底を這うようにして野鮎を誘います。

高浮力で根がかりを回避

誉(ほまれ)は、浮力の強いハイフロート設計のアユルアーです。

浮きすぎず潜りすぎない、絶妙なバランス能力でボトムをしっかりとトレースしつつ、根がかりを防げます。

また、アイにハリス止めを通すことで、ハリスが垂れ下がって根掛かりするトラブルを防いでるのもおすすめポイントです。

ima「誉(ほまれ)」のハリス止め

アユ釣り専用ルアーについては、以下の記事でも詳しく取り上げています。選び方も解説しているので、これからアユルアーフィッシングをはじめる方は参考にしてみてください。

あわせて読みたい
アユルアーの選び方7つのポイント!おすすめ7製品 近年、急速に人気が高まっているアユルアーフィッシング。 良質なコケが付いた石に縄張りをもつ、鮎の習性を利用した新しいルアーフィッシングです。 今回は、これから...

ima「誉(ほまれ)100F」「誉(ほまれ)MD100F」基本情報

ima「誉(ほまれ)」
誉 MD100F

誉(ほまれ)100F

  • 全長:100mm
  • 重量:12.5g
  • タイプ:フローティング
  • レンジ:0 〜 50cm
  • アクション:ウォブンロール
  • フック:7(鮎ルアー専用)
  • リング:#1
  • 価格(税込):1,870円

誉(ほまれ)MD100F

  • 全長:100mm
  • 重量:14.5g
  • タイプ:フローティング
  • レンジ:0 〜 100cm
  • アクション:ウォブンロール
  • フック:#7(鮎ルアー専用)
  • リング:#1
  • 価格(税込):1,870円

カラーバリエーション

出典:ima

付属品

7号の3本イカリ針が1本付属しています。

ima「誉(ほまれ)」のイカリ針

【まとめ】ima「誉」でナチュラルにアピール

高い浮力設定とタイトなロールアクションが特徴のima「誉」。

2タイプをポイントに合わせて使い分けできます。

気になる方は、最寄りの釣具店や各ECサイトをチェックしてみてください。

誉の販売会社情報

社名株式会社アムズデザイン
事業内容釣具の企画・製造・卸業
本社住所〒289-2516 千葉県旭市ロ404-1
ホームページhttps://www.ima-ams.co.jp/
  • 鮎のルアーフィッシングは、川を管理する漁協組合によって禁止されている場合があります。
  • 可能な川であっても、エリアや遊漁期間などが設けられている場合があります。
  • ハリスの長さや針の数など、遊漁規則を確認して守りましょう。
  • 必ず遊漁券を購入してから川に入りましょう。
  • 友釣りを楽しんでいる方や他の釣り人とのトラブルを防ぐべく、必要以上にロングキャストしたり、近づきすぎたりしないように注意するなどマナーを守りましょう。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次